新幹線の車内で授乳やオムツ替えをする場所はある?

スポンサーリンク

質問:新幹線の車内で授乳やオムツ替えをする場所はありますか?

回答:原則として、各編成に1ヵ所設けられている「多目的室」を利用するのがベストです。

多目的室内には、オムツ替えができる広めのシートが1つあります。

シートは、倒せば大人1人分くらい、横になれる広さがあるので安心ですね。

多目的室は、通常はカギがかかっています。

使用するためには、車掌さんに申し出なければなりません。

多目的室を利用できるのは、身体が不自由な方が最優先で、次いで赤ちゃん連れでの授乳、体調の優れない方、オムツ替えなどになります。

ですから、授乳やオムツ替えで使用したい場合は、遠慮なく車掌にお願いしましょう。

ちなみに、多目的室は基本的に予約はできません。

多目的室があるのは、下記の車両です。

路線車両
東海道新幹線11号車(全車両)
山陽新幹線11号車(16両編)
7号車(8両編成)
九州新幹線7号車(8両編成)
5号車(6両編成)
北海道・東北・山形・秋田新幹線5号車(10両編成)
11・12号車(6両編成)
上越・北陸新幹線7号車(12両編成)

多目的室が空いていない場合は、洋式トイレを使うのがベターです。

16両編成の場合は、奇数号車の東京寄りに設置されています。

それも難しい場合は、座席で行うしかないでしょう。

カーテンを閉め、授乳用のケープやタオルなどで覆えば、視線を気にせずに済みます。

他にも質問がありましたら、お気軽にメッセージください。

スポンサーリンク

最新情報をチェックしよう!