新幹線の往復割引で東京~博多間を徹底解説!往復40840円~

新幹線のトリセツをご利用いただきありがとうございます。

今回は、新幹線の往復割引で、東京~博多間の料金について詳しく解説します。

東京から博多まで行くときは、距離が長いため飛行機を利用する方もいるでしょう。

しかし、飛行機が苦手な方や、新幹線の方が都合が良い方もいます。

新幹線で東京~博多まで行く時は、往復割引が利用できます。

ただ、往復割引といっても自由席、普通車指定席、グリーン車など利用する座席のタイプで料金に違いが出ます。

さらに、「のぞみ」号で乗継無しで行く場合と、「ひかり」号、「こだま」号などで乗り継ぐ場合でも料金が変わります。

そこで、今回は新幹線の往復割引料金を、自由席、普通車指定席、グリーン車、さらに乗継のタイプ別で分けて載せました。

往復割引料金表

座席 往復割引料金 車両
自由席 40,840円 全て
普通車指定席 41,880円 ひかり

ひかり乗継さくら

普通車指定席 42,500円 ひかり乗継みずほ
普通車指定席 43,120円 のぞみ
グリーン車 54,840円 のぞみ乗継こだま
グリーン車 56,140円 ひかり乗継さくら
グリーン車 56,760円 ひかり乗継みずほ
グリーン車 57,380円 のぞみ

東京~博多間では、例えば自由席では2,780円割引となります。

往復割引で安くなるのは、乗車券の1割引のみ。

特急券は割引になりません。

ですから、自由席、普通車指定席、グリーン車のどれに乗車しても、往復割引で安くなるのは2,780円のみです。

新幹線のチケットは下記のように、乗車券と特急券が必要になります。

新幹線チケット=乗車券+特急券

また、往復割引には利用するための条件があります。

下記の特徴をご覧ください。

■往復割引の特徴

・乗車券のみ1割引
・片道あたりの営業キロが601km以上のみ適用
・有効期限(購入後10日~18日)がある
・払い戻し可能

東京~博多間は片道の営業キロ数は1174.9キロあるので、往復割引が適用されます。

また、往復割引の有効期限は区間で購入後10日~18日と決まっています。

東京~博多間の往復割引の有効期限は13日

他には、有効期限内で使用開始前でしたら、払い戻しが可能になります。

払い戻しの際には、払い戻しの手数料として220円を用意してください。

繁忙期の場合

年末年始、GW、お盆などの繁忙期も、東京~博多間の往復割引は利用できます。

繁忙期に利用する場合は、通常期よりも高くなります。

ちなみに、新幹線の指定席特急券の料金には、「通常期」「閑散期」「繁忙期」の3つの期間が

あり、料金が違います。

通常期の料金から、閑散期は200円引き繁忙期は200円増しです。

繁忙期と閑散期の期間は毎年同じですが、曜日のずれがあり、毎年同じとは限りません。

詳しくはJRの繁忙期の料金表をご覧ください。

⇒ 繁忙期・閑散期カレンダー

最新情報をチェックしよう!