新幹線の全てを分かりやすく解説

新幹線の全てを分かりやすく解説

区間料金

新幹線の東京~岡山を格安で乗る方法を徹底解説!片道13000円~

更新日:

 

新幹線のトリセツをご利用いただきありがとうございます。

東京~岡山間は、岡山空港が好立地にあるため、アクセスが良く飛行機を利用する方も多いです。

 

そのため、新幹線の割引サービスも豊富で充実しています。

しかし、割引サービスがたくさんあるだけに、どれが安いか見つけるのに苦労するのも事実。

 

また、自由席、普通車指定席など、座席によっても当然金額は変わります。

しかも、のぞみ号やひかり号など、利用できる列車も選べます。

 

さらに、乗車人数や子供と同乗など、条件によっても利用できる割引サービスが異なるのも、格安料金を探すのが大変な理由でしょう。

 

そこで、今回は東京~岡山間の新幹線の格安になる割引サービスを、料金別に自由席、普通車指定席、グリーン車とそれぞれ調べました。

そして、乗車人数、子供と同乗、繁忙期での利用の有無など、条件別でもわかりやすく掲載しました。

 

それでは、東京~岡山間の新幹線で格安になる割引サービスを、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

東京~岡山の格安料金表

 

東京~岡山の格安料金表では、自由席、普通車指定席、グリーン車で順番に掲載しました。

列車や座席の種類で、利用できる割引サービスが異なるためです。

 

また、普通車指定席、グリーン車に関しては、ひかり号、のぞみ号と乗車できる列車ごとに区別しました。

 

ただし、こちらに掲載している料金表は通常期を基に作成しています。

ですので、閑散期と繁忙期については、多少金額が変動しますのでご注意ください。

 

まずは自由席から見ていきましょう。

下記をご覧ください。

自由席

サービス名料金割引額列車
学割+往復割引13,360円2,940円すべて
学割14,200円2,100円すべて
往復割引15,250円1,050円すべて
スマートEX+往復割引15,250円1,050円すべて

 

自由席では、割引サービスは学割、往復割引の2種類になります。

のぞみ、ひかり、こだまなど全ての列車で利用が可能です。

 

順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

学割

学割は、14,200円。

通常料金より2,100円安いです。

 

学割を利用する際には、学校が発行する「学校学生・生徒旅客運賃割引証」の提示が必要なのでご注意ください。

 

往復割引

往復割引は、15,250円。

 

通常料金より1,050円安いです。

往復割引を利用する場合は、スマートEXでも予約できます。

 

往復割引で安くなるのは、乗車券の1割引のみ。

往復割引の特徴は、こちらをご覧ください。

 

■往復割引の特徴

  • 乗車券のみ1割引
  • 片道あたりの営業キロが601km以上のみ適用
  • 有効期限(購入後10日~18日)がある
  • 払い戻し可能

 

東京~岡山間の往復割引の有効期限は10日

有効期限内で使用開始前でしたら、払い戻しが可能になります。

 

続いて、普通車指定席の格安料金表になります。

スポンサーリンク

普通車指定席【ひかり号】

サービス名料金割引額
学割+往復割引13,880円2,940円
EX予約+往復割引14,760円2,060円
e特急券+往復割引14,960円1,860円
スマートEX+往復割引15,570円1,250円
往復割引15,770円1,050円

 

普通車指定席の「ひかり号」を利用する時は、上記の割引が利用できます。

最安は、学割でした。

 

それでは、料金や特徴など、ひとつひとつ順番に説明しましょう。

学割

普通車指定席のひかり号の最安は、学割で14,720円でした。

通常料金より、2,100円安いです。

 

EX予約+往復割引

2番目に安いのが、EX予約と往復割引の併用で14,760円でした。

通常料金より、2,060円安いです。

 

EX予約の特徴はこちらになります。

赤文字は注意点なので、ご利用の際は気を付けてください。

 

■特徴

  • 会員登録が必須(年会費1,080円)
  • すべての列車で同じ料金
  • こども料金あり
  • 乗車日の1か月前~発車時刻4分前まで予約可
  • 1名~6名利用
  • 予約後の変更可
  • 通年で利用可
  • 途中下車は不可
  • 乗継割引は適用外
  • 他の割引との併用不可

 

一番大きな特徴は、「のぞみ」「ひかり」」など全ての列車で同じ料金になるところ。

ですから、この場合は「のぞみ」を利用した方が良いということになりますね。

 

繁忙期なども利用でき、予約後の変更も可能なのは嬉しいです。

スポンサーリンク

e特急券+往復割引

3番目に安いのが、e特急券で往復割引を併用した場合で14,960円でした。

通常料金より、1,860円安いです。

 

e特急券の特徴はこちらになります。

ご利用の際にご確認ください。

 

■特徴

  • EX会員のみ利用可
  • 別途で乗車券が必要
  • 他の割引券と併用可
  • こども料金あり
  • 1名でも利用可
  • 乗車日の1か月前~発車時刻6分前まで予約可
  • 乗継割引は適用外

 

e特急券は、JR東海とJR西のインターネット予約サービスである、EX予約で購入した特急券のこと。

ですから、e特急券を利用するためには、JR東海のEX会員になる必要があります。

 

またe特急券を利用するには、別途で乗車券が必要です。

 

e特急券で予約したら、駅で紙製の特急券を受け取ります。

ちなみに、駅での発売はありませんので注意してください。

スポンサーリンク

スマートEX+往復割引

4番目に安いのが、スマートEXと往復割引を併用したスマートEXと往復割引の併用の15,570円でした。

通常料金より、1,250円安いです。

 

スマートEXの特徴は、以下になります。

ご利用の際にご確認ください。

 

■特徴

  • 会員登録が必須(年会費無料
  • すべての列車で同じ料金
  • こども料金あり
  • 乗車日の1か月前~発車時刻4分前まで予約可
  • 1名~6名まで利用可
  • 予約後の変更可
  • 通年で利用可
  • 途中下車は不可
  • 乗継割引は適用外
  • 他の割引との併用不可

 

東海道・山陽新幹線のインターネット予約サービスが、スマートEXになります。

スマートEXを利用するには、会員登録が必要です。

 

往復割引

5番目に安いのが、新幹線の往復割引の15,770円。

通常料金より、1,050円安いです。

 

往復割引の特徴は、こちらになります。

 

■往復割引の特徴

  • 乗車券のみ1割引
  • 片道あたりの営業キロが601km以上のみ適用
  • 有効期限(購入後10日~18日)がある
  • 払い戻し可能

 

往復割引の場合は、乗車券のみ1割引きとなります。

東京~岡山間の場合、有効期限は10日ですのでご注意ください。

スポンサーリンク

普通車指定席【のぞみ号】

サービス名料金割引額列車
EX早特2113,000円4,340円のぞみ
EX早特(土休日) 14,000円3,340円のぞみ
EX早特(平日)14,400円2,940円のぞみ
EX予約+往復割引14,760円2,580円のぞみ
e特急券+往復割引 14,960円2,380円のぞみ

 

新幹線の普通車指定席の「のぞみ号」を利用する場合は、上記の表の割引サービスが利用できます。

最安はEX早特21でした。

 

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

EX早特21

普通車指定席「のぞみ号」の最安が、EX早特21の13,000円でした。

通常料金より、4,340円安いです。

 

EX早特21の特徴は、こちらになります。

ご利用の際にご確認ください。

 

■特徴

  • 対象列車はのぞみ号のみ
  • こども料金なし
  • 乗車日の1か月前~21日前まで予約可
  • 1名~6名まで利用可
  • 予約後の変更可
  • 乗車可能の時間帯あり(※)
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 途中下車は不可
  • 乗継割引は適用外
  • 他の割引との併用不可

※乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席

 

対象列車は「のぞみ」なので、目的地に早く着きたい方におすすめ!

また、乗車可能な時間帯が「乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の『のぞみ』普通車指定席」と限られていますので、注意しましょう。

スポンサーリンク

EX早特(土休日)

2番目に安いのは、EX早特土休日用で14,000円でした。

通常料金より、3,340円安いです。

 

土休日に利用する時のみ、こちらの金額になります。

EX早特の特徴はこちらをご覧ください。

 

■特徴

  • 土休日のみ利用可
  • こども料金あり
  • 乗車日の1か月前~3日前まで予約可
  • 1名~6名利用
  • 予約後の変更可
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 途中下車は不可
  • 乗継割引は適用外
  • 他の割引との併用不可

 

EX早特(平日)

3番目に安いのは、EX早特の平日用で14,400円でした。

通常料金より2,940円安いです。

 

EX早特を平日に利用する時のみ、こちらの金額になります。

EX早特の特徴は、利用できるのが平日という違いだけで、他はEX早特(土休日)と同じになります。

スポンサーリンク

EX予約+往復割引

4番目に安いのは、EX予約の往復割引で14,760円でした。

通常料金より2,580円安いです。

 

EX予約の往復割引の特徴は、普通車指定席の「ひかり号」に書いてありますのでご覧ください。

e特急券+往復割引

5番目に安いのは、e特急券の往復割引で14,960円でした。

通常料金より2,380円安いです。

 

e特急券の往復割引の特徴は、普通車指定席の「ひかり号」に書いてありますのでご覧ください。

 

以上が、普通車指定席の「ひかり号」、「のぞみ号」の格安料金表でした。

次に、グリーン車の格安料金表を見てみましょう。

スポンサーリンク

グリーン車【ひかり号】

サービス名料金割引額
学割+往復割引19,110円 3,670円
学割20,160円2,620円
グリーン回数券22,040円740円
スマートEX+往復割引21,530円200円

 

東京~岡山間の「ひかり号」のグリーン車の格安は、上記の表になります。

最安は、学割でした。

 

それでは、料金の安い順に見ていきましょう。

学割+往復割引

「ひかり号」のグリーン車の最安は、学割と往復割引の併用で19,110円。

通常料金より、3,670円安いです。

 

この金額は往復割引を適用した時のみ使用できますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

学割

2番目に安いのは、学割で20,160円。

通常料金より、2,620円安いです。

グリーン回数券

3番目に安いのは、グリーン回数券で22,040円。

通常料金より、740円安いです。

 

グリーン回数券の特徴は以下になります。

 

■特徴

  • 6枚つづり
  • 有効期限は3か月
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 途中下車は不可
  • 乗継割引は適用外
  • 他の割引との併用不可
  • 全券未使用で払い戻し可

 

グリーン回数券(東海道新幹線・山陽新幹線で利用できる新幹線回数券グリーン車用)は、6枚つづりの回数券です。

東海道新幹線・山陽新幹線の「のぞみ号」「みずほ号」「ひかり号」「さくら号」「こだま号」のグリーン車で利用できます。

 

有効期限が3か月と決められています。

大人用の切符で、こども2名の利用はできませんので注意してください。

スマートEX+往復割引

5番目に安いのは、スマートEXの往復割引で21,530円でした。

通常料金より200円安いです。

 

スマートEXの特徴は、普通車指定席の「ひかり号」に書いてありますのでご覧ください。

続いて、グリーン車の「のぞみ号」の格安料金表を見ていきましょう。

スポンサーリンク

グリーン車【のぞみ号】

サービス名料金割引額
EX早特(土休日) 18,700円4,600円
学割+往復割引19,630円3,670円
EX早特(平日)20,360円2,940円
学割20,680円2,620円
グリーン回数券22,040円1,260円

 

東京~岡山間の「のぞみ号」のグリーン車の格安は、上記の表になります。

最安は、EX早特(土休日) でした。

それでは、料金の安い順に見ていきましょう。

 

EX早特(土休日)

グリーン車の「のぞみ号」の最安は、EX早特の土休日用で18,700円。

通常料金より、4,600円安いです。

スマートEXの特徴は、普通車指定席の「のぞみ号」に書いてありますのでご覧ください。

 

学割+往復割引

2番目に安いのが、学割と往復割引の併用で19,630円。

通常料金より、3,670円安いです。

スポンサーリンク

EX早特(平日)

3番目に安いのが、EX早特の平日用の20,360円。

通常料金より、2,940円安いです。

 

EX早特の特徴は、普通車指定席の「のぞみ号」に書いてありますのでご覧ください。

学割

4番目に安いのが、学割の20,680円。

通常料金より、2,620円安いです。

グリーン回数券

5番目に安いのが、グリーン回数券の22,040円。

通常料金より、1,260円安いです。

グリーン回数券の特徴は、グリーン車の「ひかり号」に書いてありますのでご覧ください。

 

以上が、新幹線の東京~岡山間の自由席、普通車指定席、グリーン車の格安サービスになります。

最後に、条件別の格安料金をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

条件別の格安料金表

 

ここからは、乗車人数、子供と同乗、繁忙期での利用の可否など、乗車する時の条件別に利用できる割引サービスを紹介します。

 

まずは乗車人数から。

こちらをご覧ください

乗車人数

乗車人数では、1名から利用できる割引サービスで、「普通車指定席」と「グリーン車」の2つのうち格安のベスト3を表にしました。

それぞれ見ていきましょう。

 

1名でもOK【普通車指定席】

順位/座席ひかり号のぞみ号
1位学割EX早特21
2位EX予約+往復割引EX早特(土休日)
3位e特急券+往復割引EX早特(平日)

1名でもOK【グリーン車】

料金順/座席ひかり号のぞみ号
1位EX早特21EX早特(土休日)
2位EX早特(土休日)学割+往復割引
3位EX早特(平日)EX早特(平日)

スポンサーリンク

子供と同乗

 

子供と一緒に新幹線に乗る場合は、こども料金の設定があるものを選んだ方がお得です。

 

こども料金の設定がある割引サービスを載せました。

子供のいる家族で新幹線を利用する際には、参考にしてください。

こども料金あり【ひかり号】

順位/列車名普通車指定席
1位EX予約+往復割引
2位e特急券+往復割引
3位スマートEX

こども料金あり【のぞみ号】

順位/列車名普通車指定席
1位EX早特(土休日)
2位EX早特(平日)
3位EX予約

スポンサーリンク

繁忙期に利用可

新幹線に乗車する場合は、年末年始、GW、お盆など繁忙期が利用できない割引サービスもあります。

繁忙期に利用できる割引サービスを、普通車指定席、グリーン車で料金順に表にしました。

 

こちらをご覧ください。

繁忙期【普通車指定席】

料金順/列車名ひかり号のぞみ号
1位学割 EX予約+往復割引
2位EX予約+往復割引e特急券+往復割引
3位e特急券+往復割引

繁忙期【グリーン車】

料金順/列車名ひかり号のぞみ号
1位学割+往復割引 学割+往復割引
2位学割学割
3位スマートEX+往復割引

列車別の到着時刻表

列車名到着時間
のぞみ3時間30分
ひかり4時間20分

最後に、東京~岡山間で「のぞみ」「ひかり」を利用した時の、それぞれの到着時刻を上の表にまとめました。

到着時刻はおおよその目安ですので、多少前後する場合があります。

 

最短が「のぞみ」で約3時間30分。

「ひかり」と比べると、約1時間も早く到着するのですね!

 

時間を節約したい方は、多少金額が高くても「のぞみ」をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

新幹線の東京~岡山間を格安で乗る方法について、自由席、普通車指定席、グリーン車など、座席別で紹介してきました。

 

自由席については、学割、往復割引の2つが利用できましたね。

 

普通車指定席、グリーン車については、ひかり号は学割が最安でした。

のぞみ号は、EX早特シリーズが最安でした。

 

ただ、あなたが乗車する時の条件によって、利用できる割引サービスが異なってきましたね。

ですから、今回紹介した割引サービスと、あなたの希望する条件を照らし合わせて、格安なサービスをぜひ見つけてください。

スポンサーリンク

-区間料金

Copyright© 新幹線の全てを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.