新幹線の全てを分かりやすく解説

新幹線の全てを分かりやすく解説

区間料金

新幹線の東京~京都!コスパ最強の切符を大特集【指定席・グリーン車

更新日:

 

新幹線のトリセツをご利用いただきありがとうございます。

今回は、新幹線の東京~京都間で、指定席やグリーン車に乗車する時にコスパの良い切符をランキング形式で紹介したいと思います。

 

料金だけでなく、乗車時間、利用のしやすさ、ポイント付与など、様々なデータと条件を基にして、総合的に判断してランク付けしました

 

新幹線の東京~京都間は特に東京方面から京都への観光客が多いのが特徴です。

もちろんビジネス客の利用もありますが、東京~大阪間に比べれば比重は小さいのが実態です。

 

ちなみに、「ぷらっとこだま」のように、他のサービスと抱き合わせになっているツアーや、パックの商品、学生しか利用できない「学割」はここでは除外しています。

宿泊も考えている人は、新幹線とホテルがセットになったパックプランがおすすめです。

 

パックプランについての記事は、下記を参考にしてください。

→ 新幹線とホテルのパックとは?メリット・デメリット・人気6社を解説

 

それでは、普通車指定席のランキングから見ていきましょう。

スポンサーリンク

普通車指定席 割引切符べスト5

新幹線の普通車指定席の通常料金は、「のぞみ」と「ひかり」「こだま」で下記のようになります。

 

のぞみ    :13,910円

ひかり・こだま:13,600円

 

この通常料金から、閑散期には、200円引きに、繁忙期には200円増しになります。

これらを基にして、普通車指定席で安く快適に乗車する方法ベスト5を下記にまとめました。

 

順位切符の種類料金割引額
EXこだまファミリー早特9,800円3,800円
EXのぞみファミリー早特11,800円2,110円
e特急券13,030円880円
4位回数券13,070円840円
5位EX早特2110,800円3,110円

 

それでは、1位から順番にランク付けした理由を説明していきますね。

 

スポンサーリンク

第1位 EXこだまファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

1番のおすすめがスマートEXのEXこだまファミリー早特です。

JR東海のインターネットサービスであるスマートEXの商品の一つ。

 

料金が大人9,800円で、通常料金より3,800円も安いです。

切符にファミリーという名前がついているように、子供料金(4,890円)も設定されています。

 

名古屋~京都間では「ひかり」491号と495号にも乗車可能。

東京~京都間は3時間40分以上かかりますが、安さを考えればこれが第1位でしょう。

 

ただし、いくつか注意点があります。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 乗車時間が長い

 

まず、乗車人数が2名以上という点がネックでしょう。

スマートEXの他の商品と同じく、最も混雑する時期である4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~翌年1月6日(年度によって若干変動あり)には利用できません。

 

ですが、京都観光の1番のピークは、秋から晩秋の紅葉の季節、2番目のピークが桜の季節なので、そこに重ならないのは実用的と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

第2位 EXのぞみファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第2位は、スマートEXのEXのぞみファミリー早特です。

料金は大人11,800円で、通常料金より2,110円安くなっています。

 

子供料金が5,890円。

速くて本数も多い「のぞみ」に乗車できるのが、一番のメリットと言えるでしょう!

 

ただ、下記の注意点も購入前におさえておきましょう。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 土休日限定
  • 繁忙期は設定除外日あり

 

まず、1名での利用ができませんので、一人での出張や一人旅には不向きです。

 

また、EXこだまファミリー早特と異なり、土休日限定のサービスという点に注意してください!

ですが、観光利用を目的とするのでしたら、あまりマイナス要因にはならないでしょう。

 

最も混雑する時期は、利用できません。

 

スポンサーリンク

第3位 e特急券「のぞみ」

会員登録必要(年会費1,080円)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数1名~OK
利用期間通年

 

3番目におすすめしたいのは、エクスプレス予約のe特急券「のぞみ」です。

金額は4,820円で、乗車券との合計額は13,030円です。

 

無料の「スマートEX」の上位サービスがエクスプレス予約。

 

エクスプレス予約は、年会費こそ1,080円が必要です。

しかし、スマートEXの各種商品に加えて、特有の商品であるe特急券が利用できるメリットがあります。

 

スマートEXの各種商品は東京駅~京都駅間の2点間しか利用できません。

ですが、e特急券は特急料金のみの商品なので、東京都区内のどの駅から乗り、京都市内のどこの駅で降りても金額が変わらない「東京都区内―京都市内」の乗車券を別に購入できます

 

京都駅は市街地の南に外れており、駅前から直接バスやタクシーに乗るのは渋滞の中に飛び込むようなもので、おすすめできません。

 

「京都市内の駅」には、嵯峨野線の嵯峨嵐山や、京都駅から奈良線で1駅の東福寺、2駅の稲荷、東海道本線で1駅の山科などが含まれるので、利用価値は高いでしょう。

近年は東福寺で京阪に乗り換えて祇園・洛北へ、山科で地下鉄東西線に乗り換えて東山へ向かうルートが人気です。

 

京都駅から嵯峨嵐山は片道240円、東福寺へは140円、山科へは190円なので、別払いしてもスマートEXのほうが安いです。

しかし、一人旅ならe特急券がベストです。

 

さらに、e特急券は通年で終日利用でき、子供用の設定もあります。

 

また、エクスプレス予約は、乗車ごとにポイントが貯まることもおすすめのポイントになります!

東京~京都ですと、片道90ポイント、往復で180ポイント貯まります。

 

ポイントを貯めればグリーン車も利用できますよ

 

エクスプレス予約のポイントについては、下記のサイトをご覧ください。

→ エクスプレス予約(ポイントを貯める)

 

ただ、観光目的で新幹線に乗車する場合は、最も混雑する時期に利用できることが一番の強みとは言えず、「安さ」への評価が高くなります。

ですから、e特急券よりも割引率の高い、EXこだまファミリー早特や、EXのぞみファミリー早特の方が総合的にはおすすめになります。

 

ちなみに、同じくJR東海のインターネット商品であるスマートEXでは、e特急券は利用できません。

 

スポンサーリンク

第4位 回数券

会員登録不要
購入場所JR駅窓口
自動券売機
金券ショップ
子供料金あり
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第4位は回数券です。

 

6枚セットで1回あたりの料金は13,070円です。

割引額は840円と大きくはありませんが、「のぞみ」の指定席に「ひかり」「こだま」と同額で乗車できるメリットがあります。

 

「スマートEX」の各種商品と、同じく最混雑期には利用できません。

しかし、東京都区内のどの駅から乗り、京都市内のどこの駅で降りても金額は変わりません。

 

金額は、e特急券より高くなります。

ですが、1年に1往復だけ観光に使うなら、入会や年会費1,080円の支払いが不要な分だけ回数券のほうが有利です。

 

ここで、回数券を使う時のちょっとした裏技を紹介します。

回数券を、金券ショップで往復用に2枚だけ購入するか、逆に駅で残りの4枚を金券ショップで売れば、6枚すべてを使い切る必要はなくなります。

 

この裏技を使えば、回数券を無駄なく利用できるので便利ですよ!

 

スポンサーリンク

第5位 EX早特21

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

5位は、スマートEXのEX早特21です。

スマートEXは、年会費が無料なのは嬉しいポイント!

 

EX早特21は、21日前までの予約で、「のぞみ」の普通車指定席を10,800円で利用できます。

割引額は、3,110円です。

 

ただし、EX早特21を利用する時には、下記の注意点があります。

 

■注意!

  • 乗車可能の時間帯の制限あり(※)
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • こども料金の設定なし

※乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席

 

特に、乗車駅を朝6時台または昼11時~15時台に出発する「のぞみ」の普通車指定席しか利用できないので、気を付けてください。

 

最も混雑する時期に使えないのは良いとしても、時間帯に制約があるのがネックです。

宿泊旅行なら往復にも使えますが、日帰り旅行なら復路は別の商品と組み合わせるのが現実的でしょう。

 

ここまで、普通車指定席のおすすめベスト5を紹介してきました。

続いて、グリーン車指定席のおすすめベスト5を解説していきます。

 

スポンサーリンク

グリーン車指定席 割引切符べスト5

新幹線のグリーン車指定席の通常料金は、「のぞみ」と「ひかり」「こだま」で下記のようになります。

 

のぞみ    :18,690円

ひかり・こだま:18,380円

 

これらを基にして、グリーン車指定席で安く快適に乗車する方法ベスト5を下記にまとめました。

 

順位切符の種類料金割引額
EXこだまファミリー早特10,800円7,580円
EXこだまグリーン早特11,000円7,380円
EXのぞみファミリー早特13,860円4,830円
4位EXグリーン早特13,860円4,830円
5位e特急券17,800円890円

 

それでは、第1位から見ていきましょう。

第1位 EXこだまファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

一番のおすすめは、スマートEXのEXこだまファミリー早特です。

 

大人10,800円で、割引額7,580円という破格の料金でグリーン車を利用できるというのが最大のメリットでしょう。

子供料金(5,890円)もあります。

 

名古屋~京都間では、「ひかり」491号と495号にも乗車できます。

子供連れの旅行にはベストの商品です。

 

利用する時の注意点はこちらをご覧ください。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 乗車時間が長い

 

利用は2名~なので、出張や一人旅では利用できません。

また、最も混雑する時期にも利用できないので注意してください。

 

東京~京都間は「こだま」では3時間40分以上かかります。

乗車時間が長い分、グリーン車に乗れるという意味では快適性は大きな魅力と言えるでしょう。

 

値段の安さと、乗車中の快適性を考えて1位に選びました。

 

スポンサーリンク

第2位 EXこだまグリーン早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第2位は、スマートEXのEXこだまグリーン早特です。

 

1番のメリットは、1名でも利用できる点。

これが「ファミリー早特」と異なるところです。

 

一人での出張や一人旅には最適でしょう。

 

3日前までの予約で、終日の「こだま」のグリーン車が利用できます。

 

価格は11,000円で、「こだま」の通常料金の7,380円引きです。

ただし、利用する時には下記の注意点があります。

 

■注意!

  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 子供料金の設定なし

 

まず、最も混雑する時期に利用できません。

また、子供料金の設定もありません。

 

スポンサーリンク

第3位 EXのぞみファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第3位は、スマートEXのEXのぞみファミリー早特です。

 

料金は大人13,860円で、通常より4,830円安くなります

子供料金(7,950円)の設定もあります。

 

3日前までに予約しましょう。

安さと速さのバランスがとれた商品です。

 

注意点は下記になります。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 土休日限定
  • 繁忙期は設定除外日あり

 

まず、1名での利用ができません。

また、土休日しか利用できない点もネックです。

 

他には、最も混雑する時期にも利用できません。

 

スポンサーリンク

第4位 EXグリーン早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第4位は、スマートEXのEXグリーン早特です。

 

3日前までの予約で、乗車駅を朝6時台に出発する「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車が利用できます。

1名から利用できるので、一人での出張や一人旅などにも良いでしょう。

 

料金は13,860円で、「のぞみ」の通常料金の4,830円引きです。

そして、「ひかり」の通常料金の4,520円引きになります。

 

1名から予約できる点も、出張などのビジネス利用も可能なのは嬉しいですね!

 

ただ、利用する時に注意点があります。

 

■注意!

  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 子供料金の設定なし

 

最も混雑する時期に利用できません。

また、子供料金の設定もありません。

 

しかし、ビジネス利用を考えれば、最も混雑する時期に出張はほぼないので、毎時2本の「ひかり」に終日乗車できるので、おすすめです。

 

スポンサーリンク

第5位 e特急券

会員登録必要(年会費1,080円)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数1名~OK
利用期間通年

 

第5位は、エクスプレス予約のe特急券です。

 

料金は9,590円で、乗車券との合計額は17,800円

 

年会費1,080円が必要ですが、利用する時にこれといった制約がないのは嬉しいです。

「東京都区内~京都市内」の乗車券を別に購入できるのは普通車指定席の場合と同じです。

 

東京~京都間の場合、1回の乗車ごとに90ポイントが貯まります。

600ポイントで「こだま」、800ポイントで「ひかり」、1,000ポイントで「のぞみ」のグリーン車を、普通車指定席の料金で1回利用できる特典もあります。

 

特に、出張が多い方の場合におすすめの割引サービスと言えるでしょう。

 

以上が、グリーン車指定席でのおすすめベスト5です。

最後に、ビジネス利用向け、安さ重視、ファミリー向けなど、部門別のランキングをまとめました。

 

こちらも順番に紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

部門別 割引切符ランキング

こちらでは、下記の3つの部門別におすすめの乗車方法のランキングを紹介していきます。

 

  • ビジネス利用者向け
  • 安さ重視の方向け
  • ファミリー向け

 

それでは、順番に見ていきましょう。

ビジネス利用者向け

順位切符の種類料金割引額
e特急券13,030円880円
EXのぞみファミリー早特11,800円2,110円
EX早特2110,800円3,110円

 

はじめに、出張などビジネスで新幹線を利用する方向けにおすすめの乗車方法をランク付けしました。

第1位から順番に解説します。

 

スポンサーリンク

第1位 e特急券

会員登録必要(年会費1,080円)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数1名~OK
利用期間通年

 

第1位は、エクスプレス予約のe特急券

 

年会費(税込み1,080円)は必要ですが、1年中ずっと「のぞみ」を終日利用できます

 

「急ぐ」場合には、希望する列車にできるだけ早く乗車することも大事です。

速さを重視するなら、利用制限がないことは大きな強みとなります。

 

また、エクスプレス予約は、乗るたびにポイントが貯まり、貯まったポイントでグリーン車に乗れる点もおすすめしたい理由ですね!

 

第2位 回数券

会員登録不要
購入場所JR駅窓口
自動券売機
金券ショップ
子供料金あり
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第2位は新幹線の回数券です。

 

「のぞみ」の普通車指定席を利用できます。

「e特急券」に次いで利用条件の制約が少ないので、速さ重視のビジネス需要には適しています。

 

スポンサーリンク

第3位 EX早特21

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第3位は、スマートEXのEX早特21

 

予約時期や利用列車などの条件が合えば、「のぞみ」の普通車指定席を安く利用できます。

観光需要には必ずしも適していませんが、ビジネス利用ではランクが上がります。

 

続いて、安さを最優先に考えている方向けのランキングです。

 

スポンサーリンク

安さ重視の方向け

 

安さを最優先で考えている方向けに、おすすめのベスト5をお伝えしていきましょう。

 

これまでに紹介したサービスの、安さベスト5は次の通りです。

順位切符の種類料金割引額
EXこだまファミリー早特9,800円3,800円
EXこだまファミリー早特(グリーン車)10,800円7,580円
EX早特2110,800円3,110円
4位EXこだまグリーン早特11,000円7,380円
5位EXのぞみファミリー早特11,800円2,110円

 

ベスト1からひとつずつ見ていきましょう。

第1位 EXこだまファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第1位は、スマートEXのEXこだまファミリー早特

 

料金は 9,800円で割引額も3,800円と、かなり安いです。

しかも、スマートEXなので年会費も無料な点も良い所。

 

ただ、下記の条件に注意して利用してくださいね。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • 乗車時間が長い

 

スポンサーリンク

第2位 EXこだまファミリー早特(グリーン車)

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第2位は、スマートEXのEXこだまファミリー早特(グリーン車)です。

こちらはグリーン車利用ながら、料金が10,800円と安く、その割引額は驚異の8,020円

 

8,000円も安くなれば、ホテル1泊分がタダになったようなものなので、かなりお得ですよね!

 

注意点は、第1位と同じです。

乗車時間は長いですが、車内でゆったりと快適に過ごしたい人にはおすすめします。

 

第3位 EX早特21

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第3位は、スマートEXのEX早特21です。

 

料金は10,800円で、通常料金と比べると割引額は3,450円。

新幹線に1人で乗る場合は、EX早特21が安さではトップになります。

 

購入する前に、下記の注意点を確認しておきましょう。

 

■注意!

  • 乗車可能の時間帯の制限あり(※)
  • 繁忙期は設定除外日あり
  • こども料金の設定なし

※乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席

 

特に、乗車可能な時間帯に制限があるのは忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

第4位 EXこだまグリーン早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金なし
利用人数1名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第4位は、スマートEXのEXこだまグリーン早特

 

料金は11,000円で、通常料金と比べると割引額は7,380円と大きいです。

ただ、子供料金がありませんので、子連れの人は他のサービスを探す必要があります。

 

また、最も混雑する時期は利用できない点に注意しましょう。

 

第5位 EXのぞみファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第5位は、スマートEXのEXのぞみファミリー早特です。

 

料金は11,800円で、通常料金より2,110円ほど安くなっています。

子供用の料金設定があるので、子供と一緒に乗車する人に特におすすめ!

 

下記の注意点も購入前におさえておきましょう。

 

■注意!

  • 1名利用が不可
  • 土休日限定
  • 繁忙期は設定除外日あり

 

以上が、安さ重視のベスト5でした。

最後に、子供連れのファミリー層向けのランキングベスト3を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

ファミリー向け

順位切符の種類料金割引額
EXこだまファミリー早特(グリーン車)10,800円7,580円
EXこだまファミリー早特9,800円3,800円
EXのぞみファミリー早特11,800円2,110円

 

第1位 EXこだまファミリー早特(グリーン車)

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第1位は、スマートEXのEXこだまファミリー早特のグリーン車(10,800円)です。

 

普通車に1,000円加算するだけで、グリーン車を利用できるのが一番の魅力です。

後は、速さと快適さのどちらを優先するかということになります。

 

「こだま」のグリーン車は豪華なだけでなく、「のぞみ」の普通車よりも空いています。

また、途中駅で頻繁に「のぞみ」や「ひかり」を待避するので、気分転換に子供を外へ連れ出すこともできます。

 

ファミリー向けには、これがベストでしょう。

スポンサーリンク

第2位 EXこだまファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第2位は、スマートEXのEXこだまファミリー早特(9,800円)。

 

最も安価ですので、お金優先の方におすすめ。

ですが、普通車で4時間をかけて東京~新大阪間を乗り通すのは、子供連れにはやや辛いかもしれません。

 

第3位 EXのぞみファミリー早特

会員登録必要(年会費不要)
購入場所インターネット
子供料金あり
利用人数2名~OK
利用期間設定除外日あり

 

第3位は、スマートEXのEXのぞみファミリー早特(11,800円)。

 

ベスト3の中で最も高額ですが、速い「のぞみ」に乗れるのが一番のポイントです。

お金より時間を優先したい方は、こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

-区間料金

Copyright© 新幹線の全てを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.