新幹線の全てを分かりやすく解説

新幹線の全てを分かりやすく解説

切符を買う

新幹線とホテルのパックとは?メリット・デメリット・人気6社を解説

更新日:

 

新幹線のトリセツをご利用いただきありがとうございます。

今回は、新幹線とホテルがセットになったパックプランについて次の内容を紹介したいと思います。

 

  • 新幹線とホテルのパックとは?
  • メリットとデメリット
  • おすすめのパックツアー6社

 

それでは、順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

新幹線+ホテルのパックとは?

新幹線とホテルがセットになったパック旅行とは、新幹線の切符とホテルの宿泊を同時に予約することで、切符とホテルを別々で予約するよりも格安で利用できるプランです。

 

旅行業者が独自のプランを企画・主催し、定価を設定して販売しています。

利用する新幹線のルート、ホテルなどの宿泊施設を手配してあらかじめコースを決め、日程,人数などを定めて参加を公募します。

 

パックプランは、飛行機や高速バスなど色々ありますが、中でも新幹線とホテルの組み合わせは、各社が多様な商品を用意しています。

 

続いて、パックプランのメリットを見ていきましょう。

スポンサーリンク

メリット

パック旅行の何よりのメリットは、交通機関と宿泊施設を別々に予約する場合に比べ、切符とホテル代が大幅に安くなることです。

 

新幹線+ホテルのパックプランの最安値は、パックプランを扱う【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!の場合、新幹線の往復切符とホテル1泊の料金で東京~新大阪間が26,500円です。

 

ちなみに、「のぞみ」の普通車指定席の料金は、往復で東京~新大阪間で28,900円です。

 

つまり、パックプランにすると、新幹線の切符の料金が2,400円安くなる上に、さらに1泊分が無料で泊まれるという破格のサービスなのですね!

 

ここで一つ具体例を見ていきましょう。

スポンサーリンク

具体例

例えば、「のぞみ号」の東京~大阪間で東海道新幹線の往復の切符代(普通車指定席)を取り、新大阪駅近くで人気の高いホテルモントレ グラスミア大阪に1泊(素泊まり)するとします。

 

新幹線の往復切符とホテルを単品で予約した場合と、チケットとホテルをパックで予約した場合の料金の比較表をご覧ください。

 

新幹線の切符とホテルを個別で予約した場合と、パックで予約した場合を比較していきましょう。

 

1.切符とホテルを個別で予約した場合

東京~大阪間の新幹線の往復切符の料金が、28,900円かかります。

 

そして、ホテルモントレ グラスミア大阪は1泊(素泊まり)の料金が、通常1名あたり14,000円くらいかかります。

つまり、新幹線の往復切符とホテル1泊を別々に予約すると、合計金額として42,900円になります。

 

2.切符とホテルをパックで予約(日本旅行のJR・新幹線+宿泊セットプラン)した場合

続いて、旅行会社である日本旅行のJR・新幹線+宿泊セットプランを見ていきましょう。

 

東京~大阪間の新幹線の往復切符とホテルモントレ グラスミア大阪に1泊(朝食付き)をパックにすると、なんと約26,500円で予約できてしまいます。

 

新幹線の往復切符とホテルを個別で予約するより、パックで予約したほうが16,400円も安くなるのです。

ホテルグラスミア大阪という人気のホテルが1泊無料で泊まれるのですからラッキーですよね!

 

ですから、あなたの希望する条件に合えば、パックプランはかなりお得なサービスと言えるでしょう。

ただ、パックプランにはデメリットもあります。

 

スポンサーリンク

デメリット

パックプランのデメリットは、下記になります。

 

  • 片道のみ、日帰りの利用ができない
  • 予約できる列車やホテルが限られる
  • 予約した列車よりも早く乗ることができない

 

まず、往復の新幹線とホテルがセットになっている関係上、片道だけの利用や日帰りはできません

帰省に使う場合も、最低でも一泊は実家でなくホテルを使う必要があります。

 

次に、予約できる列車やホテルに制約があります

つまり、あなたが希望する列車やホテルがプランにない場合があるということ。

 

また、通常の新幹線の切符やホテルの料金のように、週末の価格が高くなることなどもあります。

 

他には、予約した列車より早く乗ることができない点も注意が必要です。

ちなみに、新幹線に乗り遅れた場合は、原則として後続列車の自由席に乗車できます。

 

次に、パックプランを扱うおすすめの旅行会社を紹介しますね。

 

スポンサーリンク

パックプランを提供する6つの旅行会社

パックプランを扱うおすすめの旅行会社は6つあります。

こちらをご覧ください。

 

■おすすめ6社

  1. じゃらんパック
  2. 日本旅行
  3. 近畿日本ツーリスト
  4. JTB
  5. 楽天トラベル
  6. JR東日本ダイナミックレールパック

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

じゃらんパック


じゃらんパックは、交通・宿泊・レンタカーを組み合わせて、自分たちで自由にプランを立てられるのが特徴です。

 

利用時には、旅行代金の1%分およびサービス代金の2%分のPontaポイントが貯まります。

ただ、もともと航空機の利用に重きが置かれているため、Pontaポイントと同時に貯まるマイルを新幹線には使えないのがデメリットです。

 

価格は、東京~新大阪間が22,900~37,500円、東京~京都間が21,300~35,700円です。

 

スポンサーリンク

日本旅行


日本旅行は、JR西日本の子会社であるため、新幹線を用いた商品が充実しています。

 

グリーン車や高級ホテルを組み合わせた、快適性重視のプランも用意されています。

東京~新大阪間は20,500~122,400円、東京~京都間は19,300~66,200円です。

 

さらに、日本旅行に独自のサービスとして、プランのチケットを自宅だけでなく、コンビニや郵便局でも受け取ることができます。

ポイントの貯め方も多彩で、18種類のポイントサイトから0.8~1.8%を選べます。

 

近畿日本ツーリスト

近畿日本ツーリストは、商品が多彩で、価格の幅が非常に大きいのが特徴です。

 

東京~新大阪間は16,200~276,200円、東京~京都間は15,600~331,200円です。

特に、高級プランが特に充実しています。

 

大阪宿泊の商品には、USJチケット付プランも用意されています。

KNTメンバーズクラブに登録すれば、100円でにつき1ポイント(1円)が貯まります。

 

他社の予約が主に3~4日前までなのに対し、1週間前までに済ませなければならないのがデメリットです。

 

スポンサーリンク

JTB


JTBは、格安プランの価格で他社に引けを取らない一方で、高級プランも充実しています。

 

価格は東京~新大阪間が15,600~134,600円、東京~京都間が13,700~236,400円です。

店舗では10,000円購入につき50ポイント、インターネット予約では購入金額の1%の「JTBトラベルポイント」が付きます。

 

貯まったポイントは、インターネットでは100ポイント単位(100円相当)から、店舗では1,000ポイント単位(1,000円相当)から使えます。

旅行商品だけでなく、旅行用品の購入にもポイントを使えるのが特徴です。

 

楽天トラベル

楽天トラベルは、北陸新幹線の全区間と・北海道新幹線を含むJR東日本管内の新幹線を組み込んだ「びゅう」パッケージツアーを利用できます。

その他のサービスは、原則として日本旅行に準じます。

 

ただし、どの商品においても「楽天スーパーポイント」は貯まらず、利用もできないのがデメリットです。

 

JR東日本ダイナミックレールパック

JR東日本ダイナミックレールパックは、文字通りJR東日本の子会社のサービスです。

 

利用に応じて、Suicaポイントにも交換できる「えきねっとポイント」が貯まるなどのメリットがあります。

ただ、エリアがJR東日本管内およびその周辺に限られるので、東京~新大阪間や東京~京都間で使える商品はありません。

スポンサーリンク

-切符を買う

Copyright© 新幹線の全てを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.