新幹線の全てを分かりやすく解説

新幹線の全てを分かりやすく解説

切符を買う

新幹線の学割を徹底特集!基本情報から買い方までを網羅

更新日:

新幹線のトリセツをご利用いただきありがとうございます。

 

新幹線の学割(学生割引)を利用したことがない人は、いざ学割を利用しようと思った時に、学割の制度や買い方など、分からないこと場合もあるでしょう。

実際に、学割を利用する時には、利用する条件や注意すべき点があります。

 

そこで、今回は学割とは何か、また学割の買い方と注意点、そして、よくある質問と回答を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

学割とは

 

学割は、JRから指定を受けた学校の生徒が対象の割引サービスで、JRの運賃が2割引になります。

特急料金は割引になりませんので、注意して下さい!

 

学割を利用できるのは、JRから指定を受けた学校の生徒のみ。

中学校、高校、大学は学割の対象になりますし、専門学校の多くも学割の対象になります。

 

ただ、学割を利用するためには、2つの条件を満たす必要があります

以下をご覧ください。

 

■学割の利用条件

  • 片道101km以上のJR線を利用する
  • 学校が発行する「学校学生・生徒旅客運賃割引証」を用意する

 

まず、学割を利用するためには、利用するJR線の乗車区間の片道の距離が101km以上が必要です。

つまり、学生であってもJR線の片道の距離が101km未満では、学割が利用できません。

 

また、学割を購入する時に、事前に通学する学校が発行する「学校学生・生徒旅客運賃割引証」を用意しておく必要があります。

そして、購入時に提示してください。

 

続いて、学割の計算方法を例を挙げて解説します。

スポンサーリンク

学割の料金の計算方法

学割は、新幹線の乗車券のみ2割引きになります。

特急券は割引になりません。

 

自由席を利用する際の、学割の計算方法は下記をご覧ください。

 

学割=運賃×0.8+特急料金

 

ここで、東京~新大阪間(のぞみ号利用)で学割を使用した時の例を見てみましょう。

 

 内訳合計金額
通常運賃8,750円+特急料金5,500円14,250円
学割利用運賃8,750円×0.8+特急料金5,500円12,500円
/]

 

通常料金は、運賃が8,750円、特急料金が5,500円で合計14,250円。

学割を利用すると、運賃のみが2割引きで7,000円、特急料金は同じ5,500円で合計は12,500円です。

 

通常料金よりも1,750円安くなります

自分で利用する乗車区間の料金も、このように計算してください。

 

続いては、学割の買い方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

学割の買い方の手順

 

それでは、学割の買い方を見ていきましょう。

下記が学割を買う時の手順になります。

 

■買い方の手順

  1. 学割証を用意する
  2. JRの駅窓口へ行く
  3. 学割証を提出して購入

 

このように、学割の買い方は簡単です。

大まかにいうと、学割証を用意して、JRの駅の窓口へ行けばすぐに購入できるということ。

 

学割証さえ用意してしまえば、後は楽です。

それでは、順番に解説していきますね。

学割証を用意

学割を使って買うために必要なのが、学割証です。

 

学割証は、正式には「学校学生生徒旅客運賃割引証」と呼ばれています。

発行するのに、難しい手続きは必要ありません。

 

学割証は、あなたが通っている学校で発行してくれます。

JRが指定する学校とは、中学・高校・大学・専修・各種学校のこと。

 

指定されている学校は、定期券等の学割と区分は変わりません。

つまるところ、誰かしらが学割で定期を購入している学校だったら、心配する必要はないと考えてOKです。

 

ただ、一部で学割が利用できない場合があります。

 

例えば、無認可校では学割は利用できません。

無認可校については、こちらを参考にしてください。

 

他には、大学の聴講生も同じく学割は利用できません。

申請方法は、学校ごとに違うので、学生課・学生窓口で確認しましょう。

 

学割証を発行する時に、意外と時間がかかる場合があります。

帰省に間に合わなくなったりすると大変ですので、早めに準備することをおすすめします。

スポンサーリンク

学割証を持参してJRの駅窓口へ行く

 

学割を買うには、発行された学割証を持ってJR駅窓口に行きましょう。

 

学割は運賃に割引が効きます。

利用したい区間を駅窓口の駅員さんに伝えて、学割を利用して切符を購入してください。

 

支払いは、現金またはクレジットカードが利用できます。

このあたりは普通の切符を購入する時と同じですね。

学割証を提出して購入する

学割証は、JR駅窓口で駅員さんに学割を利用したいことを伝えて提出します。

 

学割を利用した切符は、乗車日当日に購入することもできます。

乗車する駅の窓口で購入しても問題ありません。

 

学割を利用した切符を買う時に注意するところがあります。

それは、学割を使用した切符はJRの駅の窓口でしか購入できないこと。

 

券売機やインターネットでは発売されていません。

特に窓口が混んでいると困る場合がありますので、時間に余裕を持って購入してください。

 

ちなみに、学割を利用した切符でJRに乗車するときは学生証を持参しましょう。

乗車時に提示を求められて対応できないと、学割が使えなくなるかもしれません。

 

また、学割証はその場で回収されてしまいます。

学割を何枚か購入する予定の人は、次の点に注意してください。

スポンサーリンク

学割証の必要な枚数に注意!

 

学割を何枚か購入する予定の人は、乗車券と同じ枚数だけ学割証を用意しなければなりません。

つまり、片道あたり1枚の乗車券に対して、学割証が1枚必要になります。

 

ただ、同じ区間を往復で移動する場合は、1枚でOK。

例えば、東京⇔大阪を往復する場合は、割引証1枚で大丈夫です。

 

しかし、往復の有効期限は4日のみです。

有効期限の4日を過ぎる場合は、同じ区間の往復でも、もう1枚学割証が必要ですのでご注意を!

 

また、行きと帰りで別々の区間の場合も、合計で2枚必要です。

例えば、東京から大阪に新幹線で向かい、帰りは京都から東京に新幹線で戻る場合は合計で2枚用意してください。

スポンサーリンク

学割についてのQ&A

 

最後は、学割についてのよくある質問と回答になります。

よくある質問はこちら。

 

  1. 学割と往復割引の併用は可能?
  2. 新幹線の乗車後に学割は適用できる?
  3. 学割を利用するための理由は必要?
  4. 新幹線の指定席やグリーン車でも利用できる?

 

それでは順番に回答していきましょう。

スポンサーリンク

学割と往復割引の併用は可能?

学割と往復割引の併用は可能です。

 

学割と往復割引を併用すると、学割(2割引き)+往復割引(1割引き)の合計で約3割引になります。

ただし、往復割引を利用するためには、片道の営業キロ数が601㎞以上の乗車距離が必要なので注意してください。

 

東海道新幹線ですと、目安としては、東京~新神戸間の往復で往復割引の営業キロ数の条件を満たします。

よくあるご質問で、東京~大阪間の往復では距離数が足りませんので、お間違えの無いようにしてください。

新幹線の乗車後に学割適用はできる?

新幹線の乗車後に学割適用はできません

 

学割を利用した切符を使用開始前に変更する場合は、変更後の切符にも全区間で割引が適用されます。

差額はすべて精算され、手数料もかかりません。

学割を利用するための理由は必要?

学割を利用するための明確な理由は必要ありません

 

学割利用の条件に、帰省やグループ旅行などは利用不可などの記載は必要ありません。

学割を利用した切符の発行の際に、理由を聞かれることもないので安心してください。

指定席やグリーン車でも利用できる?

学割は運賃の割引になりますが、指定席やグリーン車の料金は割引にはなりません

乗車はできますが、別で指定席料金やグリーン料金を支払う必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

新幹線を利用する時の学割の基本情報、学割の買い方、そしてよくある質問について解説してきました。

 

学割はJR線を利用する学生が対象で、運賃が2割引きになるサービスでしたね。

利用するのに2つ条件がありますので、注意してください。

 

学割を買うのは、基本的に簡単です。

ただ、事前に学割証を用意しておく、JRの駅窓口でしか購入できない、などいくつか注意点がありましたね。

 

また、学割を利用する時の条件や、必要枚数などもチェックしておく必要があります。

他にも、学割を買う時の質問なども載せましたので、気になることがあった場合は、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

-切符を買う

Copyright© 新幹線の全てを分かりやすく解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.